対象疾患

糖尿病

我が国では近年急激に糖尿病の患者数が増加しています。世界の糖尿病人口は3億8,670万人に増加し約半数は糖尿病の自覚がありません。

2012年我が国の糖尿病患者数は950万人といわれ、予備軍を含めると2,050万人。実に国民の5人に1人が糖代謝の障害を疑われております。糖尿病は放置することで様々な合併症を引き起こします。糖尿病の合併症の多くは一度進行すると元の状態には戻すことはほぼありません。

早期に診断し、治療を行うことで合併症の進行を抑えることができます。糖尿病の治療は生活習慣が絡んでくるため非常に困難を極めることがあります。

糖尿病専門医以外の医師の中には糖尿病に対して甘く考えている医師も多く、合併症が進行した段階で初めて専門医を紹介することが少なくありません。しかし、進行した状態では、ある程度の治療を行うことはできても、既に進行してしまった合併症を治すことは残念ながら出来ません。

適切な治療を行うためには、糖尿病に対して深い知識と経験を持つ糖尿病専門医に早い段階から受診することをお勧めします。