対象疾患

高血圧症

生活習慣病といわれる病気の中で最も多く約3.600万人が「高血圧」だと推定されています。

高血圧の発症初期の時点では症状もなく、何事もなく生活できます。このため、自分で血圧測定をしない限り、なかなか発見することができません。また血圧が高いと言われても症状が無いために放置してしまう傾向があります。

しかし無症状の高血圧を放置することで、動脈硬化は進行し、脳梗塞、心筋梗塞、動脈瘤、高血圧眼症などの多くの合併症を引き起こします。

また、他の生活習慣病と合併するケースも多く、この場合動脈硬化の進行する速度が早くなり、重大な合併症を引き起こす確率も増加します。

高血圧と判った時点で治療し、このような合併症が起こらないようにすることが大切です。

よく薬を飲みたくないという方もおられますが、長期間放置することでより動脈硬化が進んでしまい、当初から治療をすれば1剤の内服で済んでいたはずが、多剤を用いても治療が困難に陥っていることとなってしまいます。 「血圧が高めですね」と言われたら自己診断せずに、早い時点で受診しましょう。